大阪府高等学校理科教育研究会     物理研究委員会<活動記録> H.18.4

本文へジャンプ

 平成18年度 活動の記録 4月

第1回 4月19日(水) 出席者17名

   (会場 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎)

1.2006年度の物理研究委員会の体制
 (1)委員の自己紹介

 (2)異動情報

 (3)本年度の体制
  代表 鈴木 健一(堺工科)
  会計 豊田 將章(清風)
  事務局 田中 博(三国丘)
  指導法(+実験)部会チーフ
  井上 広文(附属天王寺)

 (4)本年度の年間計画
  研究委員会の日程調整等

2.研究委員の研鑽発表
(1)高校理科と宇宙論  明仁 憲一(泉尾)
  高校理科で扱うべき宇宙論の内容についての提案。

(2)シャボン玉の干渉模様  川端 彰(寝屋川)
  0.3mmの針金枠を用いたシャボン玉の干渉模様についての考察。

(3)「力を見つける」  川端 彰(寝屋川)
  「理科総合」の授業の実践報告。

3.標準テスト について
  完成報告(理化紀要に収録)。

4.全国大会(宮城大会)について

5.今年度の総会、見学会 について

6.日本物理教育学会近畿支部 より

 (1)総会
  5月13日(土) 大阪大学(豊中キャンパス)
 (2)物理教育を考える会?(大学入試問題検討会)

7.その他
 (1)物理研究委員会 夏期研修
  大阪大学の夏期講習と連携して実施する。
 (2)脇島先生より、府教育センターで担当するSPP研修の紹介。




TOPへ